問題提起
いまさらですが「九頭龍川 鮎釣り事情」
     平成29年7月16日

ここ数年6月の解禁日を迎えても人が列を成して囮を暗いうち買い求めたり解禁前夜には釣具店で足りない小物類・そして
迷わず年間遊漁券を購入する鮎釣りファンでごった返す祭り前夜的、一種異様な風景は全く見受けられなくなった。

理由は只一つ!釣れない!から。
「釣れない!」年もあった・・・・・なら釣り人は許容しよう。
毎年 0〜2〜5匹!が当たり前ではソッポを向かれても致し方ない。

以下、Lure・へら・磯・渓流そして、鮎釣りとマルチに熟し、キャリアも40年博識で釣りの造詣も深いO氏からの[檄文・メール]である。

7月15日 Nクンと2人で志比堺へアユ釣りに行ってきました。
AM8:30頃 五松橋の上を通過 川に釣り人が4〜5人しかおりません。

今日は土曜日ですよ!!!。4〜5年前なら この時間、河原に駐車してある かなりのクルマが見えました。
最近はネットでアユ釣り情報が 溢れていますので、釣れていない九頭竜川の情報が蔓延していて、特に県外勢の釣り客が激減しているのでしょうか。

Sおとり店に着きましたが、クルマが一台もありません。階段を下りていくと、おばちゃんが立っています。
普通なら 忙しそうに鮎を掬ってお客に渡しているのですが、とても暇そうでした。
『釣れてるんか?』と聞くと浮かないか顔で 店主「あんまり釣れてないんやわ」

店主「おとといは 釣れたらしいよ」 私「何匹くらい?」店主「15〜6匹」
私「それで釣れたっていうんか?」店主「昔は40〜50匹は当たり前やったのにね」

私「秋に さぎりをやらせるから こうなるんや。今に九頭竜川には釣り人が来なくなるよ」

店主「……」無言  こんな会話をして、おとりを買って河原に降りていきました。河に着くと車が4台しかありません。
川に入っている釣り人が 5〜6人とてもシーズンの土曜日とは 思えません。

河原で 組合の監視員のクルマとすれ違ったので、「釣れてるんか?」と聞くと「釣れてません」 

私「放流量 大幅増 130万匹と 組合のHPに書いてあるけど本当か?」

「私らは 放流の係でないので 知りません」何という返答でしょうか? あきれました!

というわけで AM9:00〜PM3:30 までやりましたが 結局 つ抜けしませんでした。

このままでは 九頭竜川は死んでしまいます。せめて、福井の釣り人だけでも声を上げていきましょう!!!
 本来の 九頭竜川 再生のために!!!

九頭竜川・釣れない理由に諸説あります。
九頭竜漁協組も何とか収益を上げ近代運営を目している事は間違いありません。
「釣れない・釣れなくなった理由・推論・個人的独断・偏見を羅列して見ます。
勿論詳しい資料等編纂出来次第掲載致します。
又、私感に付異論等の論争は致しかねます。
@サギリ漁の見直し
A天然鮎の汲み上げ
Bサクラマスと生態系
Cサクラマス・エサ釣り解禁
D鮭(サーモンの)許可制解禁
E中間育成施設と稚魚の放流
F稚鮎買付業者の選別と良質稚鮎の購入
Gコロガシ漁と網漁の遅延
H中部/勝山/大野の共同区域の充実
I用水への誤流出・頭首工の調整
J老若・女性への特典

各項目について意見があるが過去踏んでしまう程いると言われた九頭竜鮎 湖産13〜15dに同数以上の天然遡上がいた。
丁度、今の神通川の様で18〜23cmが40〜50匹〜束釣りも出来た。
これが出来なくなった。つまり結果を是正しなければ闇へ更なる闇へと進むと言う事になる。
@+A+B+C+E+F+G+Iを一挙に進めなくては変化は起きにくい。
何故B+Cなのか現況ではサクラマスが過保護気味で必要以上な放流は鮎を捕食するサクラマスを増やし過ぎる結果となる。
Bバスと在来種の論争となりかねない。
Cは釣り人を参入させより高度なテクニックを要する伝統技を波及させたい。

思いのままに書きました。
O氏の思いはみんなの思いです。